いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

やっぱりそうだ✨

経済協力開発機構(OECD)が、昨年行った国際学習到達度調査(PISA)

 

皆さんも、ニュースでご存じかと思いますが…

 

『読解力低下』そんな結果が出たそうです

 

気がかりな状況ですね💧

 

2003年、順位が下がったことがPISAショックといわれ、それまでの『ゆとり教育』から『脱ゆとり教育』へと転換するきっかけとなりました

 

ちょうど長男が小学校へ入学する頃です

 

授業時間や教える内容の増加、そして、全国学力テストの復活

 

そこから15年、今回はその成果が見られなかったようです

 

PISAで求められる読解力は、単なる文章の読み解きではなく、理科・社会・総合学習など、教科をまたいで考えなければならないものです

 

学校の中でこの力をつけさせようとすると、教科を越えて、全体の中で育てていく必要があります

 

忙しい先生方…学校生活…難しいかもしれません


今回公表された『読解力』の問題です

 

●モアイ像で有名なイースター島をテーマとした大学教授のブログ

●本の書評

●科学雑誌

 

上記3つの異なる記事の文章を読み比べ、島から大木が消滅した原因について、資料から根拠を挙げて記述するよう求めています

どれを選ぶかは自由

 

何故それを選んだのか、根拠を示しながら自分の考えをまとめる力が問われています

 

資料を読んで、自分で考えを持つ

 

その考えを理論立てて説明する

 

問題を解くだけでなく、今のそしてこれからの社会で、どんな場面においても、とても必要な力だと思われます

 

昨日のブログにも、ある意味つながっています

 

私自身が、子育て & お教室の指導の中で実践してきたこと・実践していること💡

 

ひとつひとつはとても小さいことだけれど、積み重なった時に、とても大きな力を発揮してくれるはずだと、実感です

 

学校だけでは、そして、塾だけでも足りない

 

ご家庭での日常の些細な取り組みも、その力をつける為の『補い』になると、私は思うんです

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回