いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

それでいいの❓️

小学校低学年の研究授業

 

私も、その授業を見せていただいていました

 

テーマ『それぞれの立場になってみよう』

 

Bさんの持ち物を壊してしまったAさん

 

教室で持ち物を壊されたBさん

 

もしも、自分Aさんだったら…

 

もしも、自分がBさんだったら…

 

それぞれの立場になったことを想像し『どうしたら良いのか』を考えさせる、グループワーク

 

あれあれ…❓️気のせいか❓️

 

先生の描いた筋書き通りに話を持っていこうと、生徒達を誘導しているように見えます

 

そして、予想通り

 

『Aさんは謝る・Bさんは許す』

 

…を、最終的な答えとしました

 

授業時間内で結論まで出そうとすると、こうなってしまうのかもしれません

 

あ~💧  残念…

 

生徒達の意見には『おっ❗️』と言うものも含まれていました

 

Aさんが故意に壊したかどうかで、話は変わる

 

この生徒さんは、考えていく過程で、状況によっては様々変わってくることに気づいたのです

 

ごめんね  →  いいよ

 

それで全て解決ですか❓️

 

そう言いたいようです

 

いいぞ❗️いいぞ❗️良いところに目をつけた✨

 

💡💡💡💡💡

 

先生には、拾っていただきたかったなぁ…

この意見…

 

授業だけでは難しいことが改めて確認され、帰宅した私です

 

この日の授業や先生が云々…というよりも、普段から、一方的に答えを押し付けることをせず、あれこれ考えを巡らせ、時には、大人の仲介を受けながら、自ら答えを導き出す習慣づけが大切なのでは❓️

 

そう再確認してきました

 

とてもとても長い時間が必要ですね

 

そして、大袈裟に言えば、その積み重ねが人格になっていくのかなぁ

 

謝りなさい💢

 

ごめんねは❓️

 

いいよでしょ❓️

 

普段、口にしていませんか❓️

 

それでいいのかしら❓️

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回