いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

満足貯金❤️

何だかグズグズのお天気続き…

 

私の前を歩く親子は、それぞれ傘をさしながら手をつないで歩いています

 

3才くらいの男の子

片手でも、上手にさしてる~✨

 

そして、ママに一生懸命話しかけています

 

『あのね  あのね  あのね  今日ね  あのね』

 

さっぱり本題にたどり着かないのが、これまた可愛い❤️

 

話したいことが沢山あって、どれから話しましょうかってところでしょうか

 

ママも偉いなぁ…

 

『うん  うん  それで?  それから?』

 

…って、男の子から言葉が出てくるのを、相づちを打ちながら、聞き出しながら、待っています

 

あ~、このやり取り、我が家の子ども達ともず~っとやっていましたねぇ

 

なんなら、今でも『ねえ、聞いて❗️』に付き合っています

 

『いいからさっさと歩いて❗️』

『後で聞くから❗️』

 

そんな返しを耳にすることもありますが、こういうちょっとの時間を大事に使うこと、大切にしてみませんか❓️

 

帰宅してからもやらなくてはならないことが山とあって、あれをやって…これもして…と頭の中でグルグルさせながらも、お子さんの『あのね』に耳を傾けてあげて欲しいなと思います

 

話を聞いてもらえるそれだけでも、お子さんは満足します

 

その満足の貯金が足りないと、年令を重ねていった時に

 

『どうせ言ってもムダでしょ』

 

…と思わせ、何も話してくれなくなってしまうように思います

 

残念ながら、コミュニケーション不足は、急には補充できないんですよね

 

マズイと気づいて、突然沢山話しかけ始めたり、尋ね事をしたところで

 

『何❓️急に❓️』

 

…と、今さら何感たっぷりにドン引きされます

(虚しい…)

 

修復不可能ではありませんが、コツコツ満足貯金をしていくよりも長い時間と労力が必要になります

 

そして、何よりも、お子さんの中に『聞いてもらえなかった』というシコリは消えません

 

毎回毎回、手を止めてじっくり話を聞かなければならないのではありません

 

片手間でも、時々顔を見ながら『ちゃんと聞いてるよ❤️』ってことが、お子さんに伝わればいいんです

 

手をつないで歩いている時間…一緒に洗濯物をたたんでいる時間…夕飯の支度をしながら…

 

日常のちょっとの時間を、お子さんとの会話の時間に使ってみてください

 

『満足貯金』

 

今日から始めませんか🎵

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回