いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

すごろく🎲

お正月へ向けて、地道に作り進めてみよう❗️

 

…と、ご紹介した『カルタ作り』

 

今日は、もうひとつ

 

『すごろく作り』をオススメしたいと思います

 

数の認識ができてきた頃にオススメの遊びです

 

『進む』『戻る』という言葉に従って駒を動かし、『順番』『お休み』といったルールも守らなくでは楽しめません

 

更に、文章を読む作業も毎回ありますから、頭をフル回転❗️

 

『勝ち負け』も存在するので、楽しいですね🎵

 

人生ゲームを購入して楽しむのもいいけれど、手作りして、ひとマスずつお子さんと一緒に考えるのがポイントです💡

 

想像力を働かせて、お腹を抱えて笑っちゃうような内容を、お子さんから引き出してみましょう❗️

 

【作り方】

①模造紙のような大きな紙(カレンダーをつなげてもOK)に、迷路のようにマスを書きつなげていきます

 

丸い型紙を使ってもいいですし、星やハートの型紙を混ぜてもいいですね

 

文章を書くので、型紙を使ってスペースを確保しましょう

 

フリーハンドで書くのも、大小様々可愛いですが、文章が書きにくいかなぁ💧

 

途中から道を枝分かれさせても面白いです

 

②ひとマスずつ、文言を考え書き込みます

 

進むも、戻るも、お休みするも、ラッキーなことも、アンラッキーなことも、日常ではありえないようなことをジャンジャン想像して書きましょう

 

『穴に落ちて骨折…1回休み』

『コーラと間違って醤油を飲む…5つ戻る』

 

お子さんが書けるならば、それも良し

 

大人が書いてあげてもいいでしょう

 

③挿し絵を入れたり、色づけをする

シールを貼ったり、切り取った色紙を貼ったりしてもいいでしょう

 

隙間を埋めて、紙一面、ワイワイ楽しいものに仕上げましょう

 

サイコロを手作りしてもいいですよ❗️

 

表裏合わせて7になる規則性を基に、●を書かせてもいいですね

 

展開図をハサミで切らせるのもありです

 

製作過程に、できることが沢山詰まっています

 

時間をかけて、オリジナルのすごろくを完成させてみてくださいね✨

 

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回