いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

地図と地球儀🌏️

幼稚園の教諭時代、お遊戯会で踊る曲の1つに『サモアの歌』を選びました

 

🎵青い 青い 空だよ

🎵雲のない空だよ

🎵サモアの島 常夏だよ  …っていう、あの曲です

 

『THE  南国🌴』のような衣装で、可愛かったですよ~❤️

 

この時に私は、お遊戯会とはぜ~んぜん関係ないのですが、地球儀と世界地図を用意しました

 

そして…

 

地球はま~るくて、それを広げたのが世界地図だと説明

 

サモアはココ

 

地図のこの辺り(赤道)は、とっても暑い

 

地図でこの辺り(北極・南極)へ近づけば近づく程、寒くて氷の世界

 

そんな地理的なお話をしつつ、子ども達が、サモアについてイメージしたことを、挙げてもらいました

 

日本よりも狭いとか、海が沢山あるとか、ずっと夏だとか、色々挙がってきましたよ

 

そして、サモアの写真の登場❗️

 

おーーーーーーーーーっ🎵

 

想像以上の南国具合いに、ワイワイ\(^_^)/

 

世界地図にしても、日本地図にしても、住んでいる地域の地図にしても、地図って、なかなか開くことがありませんね

 

スマホでマップはすぐに出てきますし、現在地も秒で示されますし、道案内までしてくれますし…💧

 

そんな便利なものが身近にあっても、方向感覚や様々なイメージをする、いいトレーニングになるのが地図です

 

ちょっとしたことに、全く関係のない地図を関連付けてみるのもひとつです

 

お出かけや旅行の際に、地図を広げてみるのもひとつです

 

自宅から園までの道のりを、地図上でたどってみるのもいいですね

 

日常で、地図を開く機会を意図的に設けてみるといいですよ

 

実は、小学校教諭をしている同級生の話によると…

 

東西南北が分からない…方向感覚が鈍いお子さんが、昔に比べてずいぶん増えていると言います

 

その為、太陽や月が東 → 西へと動くことが、理解できないそうです

 

更に、固定された棒の影が、太陽の動きに合わせてどう変化するかなんてことも、想像できないそうです

 

地図を見ることは、先々の学習にもつながっていくと思うんですよねぇ

 

我が家の本棚には、絵本やら物語やら図鑑と一緒に、ご近所から世界までの地図帳も並べていました

 

ハザードマップまでありました💧

 

いつでも手に取れるようにしておいたんです

 

いかがですか❓️

 

地図も地球儀も、ただ飾っておくだけでは、『宝の持ち腐れ』ですよ❗️

 

どんどん、活用してみましょう❗️

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回