いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

お洗濯👕

湿気の多い時期とは違って、洗濯物を干すのも気持ちがいいですね✨

 

乾くかなぁ… 取りあえず外に干してみようかなぁ…みたいなモヤモヤ感  ┐('~`;)┌

イヤですものねぇ…

 

さあ、洗濯物を干す時には、チビちゃんにもお手伝いをしてもらいましょう❗️

 

まずは、受け渡しからスタート

 

ちょうだい  →  どうぞ  →  ありがとう

 

ただ手に取ったものを、ママに手渡すだけですが、このやり取りの繰り返しがポイントです💡

 

次に、物の名前だけでチャレンジ

 

ズボンをちょうだい

 

Tシャツをくださいな

 

小っちゃくても、言葉を覚えつつある段階ですから、洗濯物の山の中から探し出してきます

 

そして、更にレベルアップ

 

『黒いパパの靴下』をお願いしま~す

 

『黄色いタオル』をくださ~い

 

…というように、『誰の』とか『色』とか指示を具体的にします

 

オマケですが…

 

幼稚園や保育園の年少さんクラス(3才児)になると、ハンガーを使わせるところがあります

 

実際、私の教諭時代にも、制服のジャケットをハンガーに掛けさせていました

 

長男・長女の時には、服がすべり落ちないように、手作りハンガーを使っていましたよ

f:id:iikamoshirenaina:20191005151642j:image

ずいぶんな年代物…💧

作り方も覚えていないですし、何故、今もまだ2人がコレを使っているのかも謎…💧

 

洗濯物の受け渡しをしつつ『ハンガーにかける』練習をするのもいいですね

 

Tシャツには裾からハンガーを通したり

 

シャツを床に広げてハンガーを置き、ボタンを1つはめてみたり

 

コツをつかむめば、できるようになります

 

洗濯ばさみもそうですが、やらなきゃできるようにはなりません

 

大人がチャチャッとやってしまえば早い家事

 

でも、子どものことを考えたら、時間を作ってでも経験させた方がいいですね💡

 

家事とお子さんとのコミュニケーションを、同時進行です✨

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回