いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

言葉遊び⭐️文字が読めるようになったら

『言葉集め』や『しりとり』など、言葉にまつわる遊びを日常の中に取り入れましょうと、これまで様々ご紹介してきました

 

年令とそれに伴った促しと共に、子ども達は、文字を形として認識し、一文字ずつ読めるようになってきます

 

そして、読んだ文字を合わせて『言葉・単語』として意味を持たせることができるようになります

 

更に、文章まで理解できるようになり、読みながら頭の中で、その情景を描くことができるようになります

(お教室では、頭の中に絵を描くと言っています)

 

ゆくゆく、そんな風になれるよう、今日は『なぞなぞ』と『一歩進んだ言葉探し』をオススメしたいと思います

 

『たぬきさんからお手紙が届きました』

 

昔からありますね

 

謎に意味不明な文章から『た』を抜いて読むと、意味の通じる文章になるというアレです

 

文字が読めるようになると、こんなナゾナゾも楽しめるようになるんですねぇ🎵

 

もう1つ

 

桝目にランダムに並んでいる文字

縦・横・斜めにつなぐと、単語になっていたり、バラバラに文字を拾って、単語を作るなどする遊び

 

どちらもワークブックに載っているようなものですが、手作りでもできます

 

書けなくても、読めるようになっただけで、面白い遊びが可能です

 

分かった時の💡💡💡が、たまりません❗️

 

ハマるお子さんが多いです

 

どうぞ、お試しを✨

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回