いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

お金って❓️

子どもの頃、毎月のおこづかいの他に、お年玉などの臨時収入があると…

 

いつもは買えない物を買ったり、貯めておいて、欲しかった物を買ったり…

 

やっぱり、嬉しかったですよねぇ🎵

 

私は毎月、おこづかいで『リボン』を買って、お友達は『なかよし』を買って、読み終えたら交換してました

 

子どもながらに『苦肉の策』💡

 

お年玉では、バスケットシューズを買うことがほとんどでしたね

 

お金は本来、働いて、その対価として手にするもの

 

バイトや就職をして初めて、働くこと・お金を稼ぐことの大変さを知りますよね

 

今時は『お盆玉』とやらまであるそうで、お子さんが、お金を手にする機会も、いただく金額も増えているようです

 

さ~て、皆さんのご家庭では『お金』どうしていますか❓️

 

教育方針が、ご家庭によってそれぞれなように、お金にまつわる考え方もそれぞれ

 

貯金も含めて『お子さんの為になるお金の使い方』ができれば、私はそれでいいと思います

 

我が家の場合

 

ありがたいことに、親族一同、年令に見合った金額をくださっていましたので

 

『えーーっ❗️2才児にこんなにーー❓️』

 

みたいなことは、なかったんですよ

 

お金の価値も、計算も分からない頃は

『好きなものを1つ買おうか❤️』

…と、いただいた金額内に収まるものを購入

オマケ付のお菓子とか❤️

 

自分で計算ができるようになった頃は

『いただいた金額で買えるのかどうか』

『今、本当に買いたいのか』

…を含め、貯金をすることも選択肢に入れて、自分でお金の割振りを考えさせました

 

お金を払わなければ品物は買えない

品物には値段がある

足りなければ買えない

そのお金は、お金をくれた人が働いて稼いだお金である

その辺に落ちているものでも、湧いて出てくるものでもない

 

当たり前だけれども、小さな頃から分かって欲しい❗️

 

千円札や一万円札を出せば、ジャラジャラ~っとおつりがきて、欲しいものが何でも手に入ると勘違いして欲しくない❗️

 

そんな思いから、段階を踏んで『お金の練習』をさせてきました

 

お金を手にする時が、チャンスです💡

 

身の丈に合ったお金の使い方を、小さな頃から身につけて欲しいですね

 

欲望のままに、羽振り良く使わせるのは、いかがなものでしょうねぇ💧

 

…って、思いませんか❓️

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回