いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

✨できること✨

どうですか❓️

 

この夏で、脱オムツを達成し、お兄さんお姉さんパンツデビューしたり

 

自分の名前が書けるようになったり

 

色を覚えたり

 

ガラガラうがいができるようになったり

 

夏休み明けのお子さん達に、頭も体も心も、グーーンと成長が見られるのが常です

 

夏って、すごいですよねぇ✨

 

靴下が履ける

ズボンを履ける

ボタンをかけられる

靴が履ける

蝶結びができる

ファスナーの開閉ができる

巾着袋の口を開閉できる

体を洗える

ハサミで切れる

 

挙げても挙げてもきりがない❗️

 

自分1人でできることが増えると、生活能力が高まります

 

どうしたら上手くできるか❓️

 

どうしたら早くできるか❓️

 

どうしたらキレイに見えるか❓️

 

あれこれ考えることで、知恵もつきます

 

工夫することも身に付きます

 

大人は、手を貸す・手を出すよりも、やろうとするお子さんを見守ることが大切ですね

 

これは、お子さんの年令に関わらず言えることです

 

ついつい…

 

『やっちゃった方が早い💢』

 

…と、お子さんの経験のチャンスを奪いがち

 

あーーもったいない   (×_×)

 

ここから、小さな経験を積み重ねて、ちょっとずつ成長を続けるお子さんです

 

時間の許す限り、見守るスタンスを

キーーーーーーープです✨

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回