いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

夏休み🍉 おうちの方の心構え①

夏休みの(大雑把な💧)計画が立ちました

 

1日の中での(ざっくりとした💧)時間の使い方も分かりました

 

さあ、ここからは『自宅組』と『学童組』に分けて、おうちの方の心構えをお話ししていきます

 

まずは『自宅組』から❗️

 

夏休み中、ず~っと目の届く所にお子さんがいるご家庭は、少ないかもしれませんね

 

仕事に出ている間、自宅でお子さんだけで過ごす時間が発生します

 

そんな子どもだけの時間は、長くても短くても、親にしてみれば、気がかりで心配な時間です

 

やはり、夏休みに入るタイミングで『約束事』はハッキリさせておいた方がいいですね

 

計画を毎日実行することはもちろんですが、友達と遊びに行く時のこと・何かイレギュラーがあった時のこと・お金のこと・自転車のこと…などなど

 

お子さんと思いつく限りのことを出し合って、一緒に『約束事』を決めるのです

 

一方的に押し付けたのでは、ただ管理されているようにしか受け取られず、守ってはもらえません

 

不慮の事故や事件、トラブルにつながらない為の『約束事』なのだと理解してもらえるよう、話を持ちかけてみてください

 

『こんな時にはこうしよう❗️』と、一緒に決めたらいいですよ🎵

 

これを機会に『家の鍵🔑』デビューも、あるかもしれませんね

 

ここで1つ、ちょっと怖いお話を…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長男が4年生の頃、夏休み明けの保護者会であった報告の1つです

 

そのご家庭は、フルタイムで働いていた為、昼間は大人不在

 

お子さんの友達が数人、毎日入り浸り状態だったそうです

 

初めは、子ども部屋でゲームをしている程度でしたが、次第に、あちこちの部屋に出入りするようになり、タンスの中も触った形跡が…

 

ある日、現金が失くなっていたことに気付き、学校へ連絡

 

先生を介して、出入りしていた友達家族と、話し合いが持たれたそうです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あちゃーーーーーー  (/ロ゜)/

 

怖ーーーーーーーーっ💧と、言っているだけではダメなんですよね

 

どこの家のお子さんが、どちらの立場になってもおかしくないんですよ💧

 

『自分はやっていない』『ただその場にいただけ』は、通用しません

 

『分かっているだろう』となぁなぁにせず、改めて話をすることは必要ですね

 

夏休み🍉

 

お子さんにとっては、1つステップアップするタイミング

 

おうちの方にとっては、1つ『子離れ』するタイミング

 

夏休みの些細なチャレンジが、親子にとって重要な出来事になります

 

お子さんを信じることも必要

目を光らせることも必要

 

バランスを取るのは難しいかもしれませんが、年令がいったからといって急にできるようになるものではありません

 

親子で今から練習です

 

そして、お子さんだけで過ごした時間のことは、日常会話として、必ず話題にして欲しいと思います

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回