いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

大丈夫ですか❓️

昨日の夕方、臨月ぐらいのママさんが、私の前をゆっくり歩いていました

 

スマホても見ながら歩いているのだろうと、一度は追い越して、通りすぎたのですが…

 

何だか気になって振り向くと…

 

あらあら❗️大変だ❗️

 

お腹を押さえて、たちすくんでいるじゃないですかーーーーーーーっ❗️

 

とっさに『大丈夫ですか❓️』って、声をかけた私です

 

ママさんは『大丈夫です』ってすぐに返してきましたけど、変な汗までかいて、見るからに大丈夫じゃない❗️

 

何ヵ月❓️などあれこれ尋ねましたが、救急車を呼ぶまでではないと、ママさんと別れた私です

 

お腹が強く張っただけとのことでしたが、あの後、大丈夫だったかしら…

 

私は、反省しました  <(_ _*)>

 

『大丈夫ですか❓️』じゃ、ダメなんですよね

 

だって…『大丈夫じゃないです』って、返してくる人なんて、いないじゃないですか❗️

 

自分だって、その立場だったなら、100%『大丈夫です』って言ってしまいます

 

遠慮とか、迷惑をかけたくないとか、そんな気持ちが先に立ってしまって…

『大丈夫じゃないです』

 

『こんな状態です』

 

『助けてください』

 

『手伝ってください』

 

…って、本当はやって欲しいこと、伝えたいこと、言えません

 

だから、やっぱり『大丈夫ですか❓️』じゃダメなんですよ…きっと

 

『どうしましたか』

 

『お手伝いしましょう』

 

『どうして欲しいですか』

 

『どこが痛いですか』

 

具体的に尋ねなければ、答えにくいんですよね

 

あ~、メチャクチャ反省💧

 

普段は、お子さん達や保護者の皆さんに、具体的な声かけをしているのになぁ…

 

お腹の大きなママさんだから、2つの命を目の前にして、落ち着いているつもりでしたが、そうでなかったのかもしれません

 

とっさの声のかけ方、考えさせられました

 

手を貸そうとする時、その相手がどんな相手であっても、具体的な声をかけられるように心がけよう❗️

 

そう、強く思った出来事でした

 

見知らぬママさん

下手な声かけをしてしまって、ごめんなさい

 

赤ちゃんと2人、元気に出産の日を迎えられますように❤️

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回