いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

ちぎる

保育園や幼稚園の保育室には、広い壁面があります

 

園児達の作品を飾ることはもちろんですが、『季節にまつわる一場面』を表現し、子ども達に季節を感じてもらう教材の1つとして利用します

 

皆さんも、お迎えや参観などで園に出向くと、先生方が作った可愛い壁面を、目にしますよね❤️

 

この時期だと、カタツムリ🐌や傘☔️などが出番❗️

 

私は、壁面製作時、ハサミで切れば簡単なのですが、あえて『ちぎり絵』にしていました

 

輪郭がふんわりと、柔らかな絵になるんですよ❤️

 

ところで…

『ちぎる』って、難しいですよね

 

『破く』と違って、指と指で紙を挟み、少しずつ切り進めなければなりません

 

指先の力・器用さが必要です

 

ずいぶん前ですが、洗濯ばさみのお話をしたのを覚えていますか?

(3/27のブログをどうぞ)

 

洗濯ばさみも、指の力・器用さがないと、上手く挟めませんよね

 

日常で、色々なことに意識的に取り組むことで、自然とついてくる指の力

 

力がついて『破く』ことができるようになったならば、お次は『ちぎる』ことにチャレンジしてみてください

 

線に沿って真っ直ぐちぎる

       ↓

波線に沿ってちぎる

       ↓

丸・三角・四角など形に沿ってちぎる

       ↓

フリーハンドで形をちぎる

 

折り紙ぐらいの厚さの紙を使うと良いでしょう

 

自分で、力の入れ具合いや方向など、指のコントロールが利くようになると、最終的には、フリーハンドで形が切り取れるようになります

 

小学校の受験では、課題製作の過程で

『ちぎり』

が、必ず入ってきます

 

ハサミやカッターと同様に『自分の手』も、立派な道具ですね❗️

 

お家で工作遊びをする中で、とうぞお試しください🎵

 

ちぎって切り取ったものは、また違う仕上がりになりますよ

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回