いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

小学校選び③ 国立編 #大まか

私立・公立とお話ししてきました、小学校選びのポイント

『国立小学校』編です🏫

受験の詳細は、次回お話ししますので、今日は、大枠を捉えていただければと思います


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『国立大学の附属小学校』と言えば、分かりやすいでしょうか

一つの大学の下に、1~複数の小学校を持っています

【特色】
●通学地域制限
小学校ということから、学校から自宅までのおおよその距離や、通学時間に制限が設けられています

↑がクリアできていないと、対象外

突然思い立って、住所を移してもアウトです

●厳しい選考
『抽選 → 検査 → 抽選 』と、3次選考まであります

『実力 + 強運』 の持ち主でないと、合格はいただけません

⭐️1次選考
『ガラガラポン』
その大多数が、さようなら~~(泣)

⭐️2次選考
『発育総合調査』…とでも言っておきましょうか
頭と体と心の発達を、様々な方法で見られます

⭐️3次選考
『ガラガラポン』
募集人数に切り揃えられます

【説明会】
夏~秋にかけて説明会を実施する学校もありますが、未実施の学校もあります

保護者1名のみの参加
子連れはNG
学校公開の同時開催は、基本なし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えっっ❓️
学校を選ぶも何もないのでは❓️

そう思った方、正解です⭕️

『6/8のブログ 幼稚園選び②』ともリンクしたお話になりますので、もう一度戻って、読み返してみてください

目にすることができるのは、生徒の通学の様子のみ

ホームページ上で、学校の理念や求める生徒像を知り、説明会で確かめるしかないのです

小学校入学を考えるにあたり、選択肢は様々ありますが、どこを選ぶにも、どの組合わせで受験するにも『覚悟』が必要です

国立に関しては、特に
『抽選で入れたらラッキー⭐️』
の感覚で選んでしまうと、後でとんでもないことになりますからね

夫婦で、先々のことまで考えて、十分な検討をしてください❗️

いいかもしれないな❤️

次回は、選考の詳細についてお話ししたいと思います