いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

ケンケン

高い低いはともかく、段差かからジャンプができるようになると、コツをつかんで、平地でもピョンピョン❗️

(6/6のブログ   両足ジャンプをどうぞ)

 

その場でピョンピョン❗️

 

前進ピョンピョン❗️

 

後ろにもピョンピョン❗️

 

さぁ、お次は『ケンケン』です

 

片足に重心を乗せてジャンプをするのですから、出来るようになるまでには時間が必要です

 

①まずは『かかし立ち』を、両足共にできるよう、練習しましょう

 

両手を床と平行に、肩の高さで真っ直ぐ横に伸ばし

軸足はピーンと真っ直ぐに

上げる足は、膝を曲げて、腰の高さまで

 

利き足はできても、逆足は難しいですね

 

それでも、両足できるように、頑張って❗️

 

目標は、フラフラせずに5秒⌛️

 

これが出来れば、ケンケンまであと一歩

 

②次は、同じテンポで、左右交互に片足立ちができるよう、練習しましょう

 

大人と向かい合って両手をつなぎ

せ~の   右             せ~の   左

 

上げる方の足を、意識させて❗️

 

大人はこの時、お子さんを少し上に持ち上げて、お子さんが自分でジャンプしている感覚を与えてください

 

③最終段階❗️②と同じことを、左右2回ずつ繰り返せるよう、練習しましょう

 

いち  に   いち  に   ケン  ケン  ケン  ケン

 

手を離してもその場でできるようになれば、地面を蹴る感覚も体が覚え、前にも進めるようになります

 

もし、1人で前に進めないようならば、両手をつないで、少し前に引っ張ってあげると、感覚が伝えられます

 

昔、地面に円を描いて『ケンケンパ』って、遊びましたね🎵

 

今も、小さいサイズのフープを使い、小学校受験で取り入れている学校もあります

 

受験云々はともかく、体の発達においても片足立ち・ケンケンは大事❗️大事❗️

 

そして、ケンケンができるようになれば、スキップへも近づきましたよ✨

 

勝手にできるようになるのは、昔のこと💧

 

パパ&ママ

遊びの中で、取り組んでみてくださいね

 

親子ペアでの遊びは、またいつかご紹介しましょう

 

お楽しみに  (^-^)/

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回