いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

小学校選び① 私立編

私立小学校🏫

 

早いところは、5月~

大多数は、この時期~夏にかけて、説明会が開かれています

 

お教室に通われる方々の中にも、私立小学校を希望しているご家庭があり、週末は、あちこちの小学校へ足を運んでいるようです

 

校風や環境、自宅からのアクセス

中学・高校との兼ね合い

 

様々なことを見据えて、学校選び(受験校選び)をしています

 

心も体も頭も、年令に応じた発達をしているのかを見られる『一発勝負』のテスト

 

その学校と同じ方向を向いているかどうかを見極める『親子面接』もありますね

 

塾や幼児教室では、その日を目標に、数年がかりで親子の指導を続けるのです

 

頭だけでもダメ

 

体一本でもダメ

 

自己主張が強すぎても、できなくてもダメ

 

な~んて難しいのでしょう💧

 

先生の立場として、受験を目指す保護者には『受けすぎることのないように』と、お伝えしています

 

『どこでもいいから受かったところに』と、全く校風の違う学校を、都合のつく限り受験しようとするご家庭は、大概上手くいきません…残念ですけど💧

 

全ての傾向に合わせての受験対策なんて、厳しい…厳しい…

 

知り合いに、千葉から東京を経由して埼玉の小学校に通うお子さんがいます

 

地図上でいうと、Uの字に電車&バス移動して、往復していることになります

 

プチ旅行ぐらいの移動距離

 

重いランドセルに手提げを持って、乗り換えを繰り返し、毎日ヘロヘロ…

 

6年間続くかしら…と、私は心配しています

体力だけでなく心もね

 

年少さん・年中さんの頃から、説明会に参加をするご家庭が増えてきましたが、沢山の学校を直接感じてくることは、オススメします

 

ただ、年長さんで実際に受験校を決める際は

『この環境で学ばせたい』

と思える学校に、しっかり絞ってください

 

そして、無理なく通える範囲の学校を選んで欲しいと思います

 

学校によって、テストの傾向が違いますから、似た傾向の学校を選ぶことで、負担が軽くなることも現実です

 

私の実感として

『バランスの良いお子さん』

が、合格をいただいているように思います

 

そしてやっぱり、普段の行動・言葉・やりとりの一つ一つが、そのバランスの良さにつながっているなぁと感じています

 

私のお教室に通われているご家庭は、

私立2校  +  国立1~2校  =  3~4校

の受験がほとんどです

 

ちゃんと合格をいただき、充実しているようですよ

 

お子さんにとって『いい学校』に巡り合いますように❤️

 

『名前』じゃないですよ❗️

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回