いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

木登り🌳

木に登りたい❗️というお子さんを、危ないから、洋服が汚れるからと止めているお母さん

 

もし落ちたら❓️なんて想像して、怖かったのかもしれませんね

 

我が家の長女

 

いつも遊んでいた公園の、桜の木に登るのが大好きでした❤️

 

てっぺんまで行くわけではないのですが、まあまあの高さの枝までは、うんとこうんとこ登っていくんですよ🐒

 

両足で挟んで❗️

持ちやすそうな枝に手をかけて❗️

足の指に力を入れて❗️

ぐっと腕の力で体を引き上げて❗️

膝を使って❗️

 

そんなアドバイスをしながら手助けしているうちに、コツをつかんだようです

 

登りやすい木が2本あり、特別好きな木では、必ず同じ太~い枝に座って、遊んでいる子や景色を眺めていました

(時々おやつまで食べる…)

 

私は木の下で、彼女のお話の聞き役です

 

地面にいる人から見たら、私は、木を見上げて1人でしゃべっている変な人…

 

幼稚園入園までは、極度の人見知りさんでしたからね💧

そこが彼女の落ち着ける場所の1つでもあったのかもしれません

(3/16のブログ『クセ』をどうぞ)

 

幼稚園入園後は、園庭にず~っとある、それはそれは古い大きな桜の木にお友達と登っていたようです

 

自由に何でもやらせてくださった幼稚園でしたので、止められることもなく見守っていただけたんですね

 

お迎えに行った時に、先生にお褒めいただきました💧

 

『手助けなしにあそこまで登るお子さん、初めてです~✨』

…ですって(笑)

 

どうやら、お友達は皆、ピョンと飛び降りられる高さの枝までしか登らなかったのですが、彼女は、ものすご~く高い所まで行ったようです

 

先生もドキドキだったようで…💧

(見守り、ありがとうございます)

 

なかなか木登りをする機会はないかもしれませんね

 

でも、是非チャンスを作って、経験をさせてあげたいことの1つです

 

登る時の体の使い方もそうですが、木の肌触り・花のつき方・葉っぱのザワザワする音・時々虫…

 

体感するって、やっぱり大事です

 

長女のように、メチャクチャ高い所まで上らなくていいんです

 

木によっては、親子で一緒に登れるかもしれませんよ❗️❓️

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回