いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

🔎観察👀

小学1年生

朝顔の種、学校でもう植えましたか?

(連休明けからかな?)

 

ぐるっと一周回って、種の採集までやりますが、水やりと共に観察日記もつけます

 

目で見て、手で触って、色や形や感触を文章と絵で記録していきます

 

以前、お招きを受け、学校公開へお邪魔した時に、他とはひと味違う記録を残すお子さんを見つけたことがあります

 

文章は、『~のように』『~のような』と、自分の知っている何かに例えて書いてあり✏️

 

絵は、全体ではなく、虫メガネでズームしたかのようにピンポイントで一部分だけが描かれてありました🔎

 

本葉の触り心地を

『ざらざらしている・短い毛が生えている』なんて、ベタな書き方をせず

『裸足で芝生の上を歩くみたいに、チクチクして痛い』

と、表現  (手じゃなく足の裏ね~)

 

そして、枠いっぱいに描かれた大きな1枚の葉っぱの絵

もちろん、葉っぱには無数の毛

 

他にも、サイズ(大きさ・長さ・高さ)にこだわった観察をしているお子さんもいました

 

ちょっと他人とは違う視点で見られるって、面白いですよね

 

担任の先生と私を含めた数人の保護者からは

✨絶賛✨

1年生ですよ❗️スゴいじゃないですか❗️

 

ベタなことを書くのがいけないというのではありません

『何かと似てないかなぁ?』

なんてヒントを与えることで、表現の幅を広げてあげることはできますからね

(絵の描き方・作文の書き方を教える方法は、またいずれ)

 

ただ、実体験がないと、広がっていかない💧リンクさせることができないですよね

だって、知らないんですもの

 

実体験があることで、想像の幅が広がり、いくつかの視点を持つことができる❗️

 

このお子さんは、裸足で芝生の上を歩いた経験が残っていたんですよね

 

やっぱり『実体験』大切ですね~❤️

(4/29のブログも合わせてどうぞ)

 

ほとんどの学校では、夏休みに朝顔の鉢を自宅へ持ち帰らせます

(お世話をしに学校へ通うところもありますね)

 

観察日記って、朝顔の成長過程を知る為だけのものではないと思いますよ

 

これを機に、違う視点があることをほのめかしてみたならば、お子さんは、面白いことに気付くかもしれませんよ💡

(360度  ありとあらゆる方向から見てみよう❗️)

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回