いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

大泣き中 (。>д<)

長男&長女も通っていた近所の小学校🏫

 

『集団登校』は代々続いていて、班毎に集合し、キャッキャしながらゾロゾロ歩いていきます

 

班長の6年生は、照れ臭そうに入学したての1年生と手をつないで歩いています

 

出勤途中、いくつかの班とすれ違うのですが、1人の1年生が

『学校に行かない❗️』

と毎日ワンワン泣いているのです (/´△`\)

 

ちなみにその子は男の子

班長さんもお手上げ~💧

 

さて、その子のお母さん

他のお母さんと同じく、集合場所にいらしてます

 

そして、出発の時間になると、班長さんに一声かけて

『行ってらっしゃ~い❗️』

と、元気に見送っています

 

偉い❗️お母さん偉い❗️

 

教室まで…校門まで…信号まで…

時間をかけて、距離を短くしながら同行を続ける方もいるかもしれませんが…

 

『行ってらっしゃい❗️』と見送るお母さんのようにするのが、私は良いかと思います

 

班長さんには『ありがとね・助かってるよ』と労いの言葉をかけて、お願いしちゃえばいいんです

(班長さんの為にもなります)

 

下校してきたお子さんには、泣くことを指摘せずに、

『学校に行って偉かったね❗️』

『明日の用意、一緒にしよっか❗️』

『明日は何するんだろうね❓️』

…と、未来の話を楽しげにしてください

 

大丈夫❗️大丈夫❗️

 

いつまでも泣くわけではないですからね

 

今は中3になった近所の身長180㎝の男の子

立派になった彼も、小学校入学当時は、夏休みまで泣いていたんです

 

給食も始まり、学校にいる時間が増えてきます

 

毎日、視界が少しずつ開けて、きっと笑顔で登校していくようになりますよ

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回