いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

1~100まで数えられるよ❗️

 

すごいですね

 

でも…ただ数えられるだけでは、数を分かったことにはなりません

 

増えた減った、多い少ないが分かって初めて、数の概念が身に付いたことになります

 

毎日の生活の中で、意識して数に触れさせることは、後々、数字嫌い・算数嫌いにならない為の第一歩になります

 

ドリルを開く前に、まずは、ちょっとしたきっかけを作ってみてはいかがでしょうか?

 

『1人1枚ずつ分けっこね』

『器に3個ずつ入れてきて』

 

初めは1~3まで → 次に5まで → 10まで

 

…と、徐々に数を増やしながら、物によって数え方も正しく使いながら知らせていきます

 

お教室では、2才児でも正しい数え方でお話ししていますが、中には、いくつになっても『個』しか使えないお子さんもいます

 

普段からパパ&ママが意識しないと、なかなか使えるようにはならないですからね~

 

小さい数から把握していくことで、時計の読み方にもつながっていきます

(時計の読み方は、3/13のブログをどうぞ)

 

そして数え方

 

一つ一つ指差しながら『いち   に   さん』と声に出して数え、最後に『3個』『3匹』と、結果をこれまた声に出して確認します

 

数えられたとしても、結果いくつだったのか分からないことって、初めの頃のあるあるです

 

扱う数をふやしながら『合わせていくつ』『残りはいくつ』と、足し算・引き算の基礎にも触れていくのもいいですね

 

私が担任時代やお教室、自宅で長男・長女とよく楽しんだのは、おはじきを使ってのお買い物ごっこです

 

みんなで切り抜いた新聞の折込み広告のフルーツやピザや車を商品にして

『このピザは、おはじき2枚です』

『この車は、おはじき8枚です』

『イチゴとリンゴ、合わせて6枚です』

 

どうぞ、イライラせずに根気強く取り組んでくださいね

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回