いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

洗濯ばさみ

前回お話しした『しぼる』と同時に、私は『洗濯ばさみ』を使ってタオルを干す作業も、子ども達に促しています

 

洗濯ばさみって、子どもにとってかなり難しいものなんですよ

 

握ってみたり…

 

片手でできないと分かると、両手で開こうとしてみたり…

 

タオルを上手く挟めずにイライラ💢

 

洗濯ばさみがパチ~ンと飛んでいくことも、あるあるです

 

時には、自分の手を挟んでンギャ~💧みたいな…

 

指先の力が必要

でも、力ずくじゃぁ上手くできない

もちろんコツも必要

手を添えてあげて『お指の先をギュッ』です

 

お洗濯物を干す時には

『お願~い   手伝って~❤️』

お子さんに『靴下・タオル担当』になってもらったらいかがですか?

 

時間がかかったり、シワクチャなのは目をつぶってね

(後でこっそり干し直すってことで)

 

我が家の2人は、できるようになってくるとドはまり❗️

 

何だか静かだなぁ…と振り返ると、干したバスタオルの一辺にズラリと洗濯ばさみ

(フリンジ?)

メチャクチャ得意気に『干しといた✨』と長女

 

長男は、ブロックで遊んでいるのかと思ったら、洗濯ばさみをひたすらつなげて、戦隊もののロボットに仕上げていました

 

2人共、脱線してはいたけれど、上手~❤️の一声で、ウホウホです

 

余談ですが…

お教室のお子さんを見ていると、洗濯ばさみがうまくつまめないお子さんのほとんどが、ホチキスを使えないんです

 

指の力、足りないんですねぇ…

 

年令が上がると共に様々な道具を使う機会が増えます

幼い頃から段階を経て、自分の手・指を自由に動かす経験をしていた方が、楽しさもより増えますね

 

一緒の時間を過ごす中で、ちょったした経験をさせてあげてください

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回