いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

ツバメの巣①

街中でツバメが飛ぶことなんて、レアですよね~

 

毎年必ずツバメが巣を作るビルがあり、ビルの人達も、その時期だけは車をどけてあげて、子育てを総出で見守っていたんです

 

私も毎年、子ども達を連れて見に通いました

 

『まだ静かだね』(生まれていない…)

『ピーって鳴いたね』

                                (生まれたけど見えない)

『なんか動いてる』

(巣のふちから頭がヒョコヒョコ見え隠れ)

『ツバメ飛んできた!速~い』

                        (口を開けている姿が見える)

 

兄妹で、こっそりと小声でしゃべりながらツバメを見ていたものです

 

私も2人を抱っこしたり、おんぶしたり、目線を少しでも高くしてあげようと、体を張りましたよ

 

2人が興味を持ったこのタイミングで、ツバメのことを調べられるよう、図鑑を用意しました

 

どこから来たの?

何を食べるの?

どこでエサを調達するの?

敵は誰?

いつどこへ飛んで行くの?

 

調べると、何故、毎年この場所に巣を作り、子育てをするのかが見えてきます

 

単に人から教えられた事って、忘れてしまうんですよね💧

 

一方、自分で調べた事って、頭のどこかに残るみたいです

 

将来役立つ情報かどうかというよりも、自ら調べるきっかけ作りが大切です🔍️

 

何でもいいのです

 

何故?どうして?を調べて解決する経験

これがやがて、勉強の面でも活きてきます

 

今でもツバメは、あの場所に来ているのかしら?

 

子ども達が大きくなって、ご無沙汰ですし…

 

そろそろ巣作りを始める時期

今年は、久しぶりに足を運んでみよう🎵

 

いいかもしれないな❤️

 

また次回