いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

困ったさん・その1

姪っ子のところには、4月から年中さんになる男の子と1才の女の子がいます

彼は、入園時には既に年長さん並の体格でしたが、中身はシャイ で、実は小心者 (///∇///)

見た目と中身のギャップに、姪っ子夫婦は、入園前からずっと悩んでいます
(今現在も、絶賛継続中…)

彼がドンと一押しすれば、大抵のお子さんは、交通事故のようにブーンとふっ飛び…そして大泣き…
時には、頭を打って病院送り…
(想像がつくでしょ?)

いつもいつも彼から目が離せず、追いかけて、事ある度に叱り飛ばして、相手の親子に謝って…
毎日その繰り返しです

園でも状況は変わらず、やりたい放題❗️
親の目の届かない保育中ですからね…
何かやらかしてはいないか?
ケガをさせてはいないか?
気が気ではありません

入園して初めてのお誕生会
舞台の上の冠👑をかぶるお友達を見て、彼の気分は最高潮⤴️⤴️⤴️

な❗️な❗️なんと❗️

彼は、一緒に座ってお祝いをしていたお友達の顔に唾をかけて回り始めたと…

突拍子もない行動に
誰もが唖然…呆然 ( ; ゜Д゜)

先生は、直ぐ様彼を連れ出し…
後の事は、皆さんご想像の通りです

私が過去に担任をしていたお子さんの中にも、このタイプのお子さんがいました

姪っ子を含め、パパ&ママや先生方からのご相談も多々いただきます…

まさしく『お手上げ』の状態でのご相談なんですよね…

ある方は、子育てに失敗したと言います

またある方は、生まれつきの性格だからしょうがないと言います

じゃぁ、このまま『放置』❓️

私は、相談を受けた場合、どの立場の方にもこうお話しします

『すぐには直りません』

今すぐ何とかしたい気持ちは、よ~くよ~く分かります

でも、
毎日毎日
根気強く
時間をかけて
あの手この手の手探り状態でも
お子さんと向き合っていかなければ、この状況を変えることはできないのです

そして、パパ・ママ・先生自身が考え方をシフトして動かねば❗️

『表現方法』を、ある程度の時間をかけて教えてあげなくてはなりません

お子さん本人だけに変化・改善を求めるなんて、そんな『ムシノイイハナシ』はありませんよ

姪っ子夫婦には、まず
『物や食べ物を交換条件にすることを止めるように』
と、お話ししました

『ごめんねって言ったら、仮面ライダーのグッズを買ってあげる』

一番やってはいけないヤツです❌

このお話は、また折を見てお話ししましょうね

いいかもしれないな❤️

また次回