いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

外出先のトイレ事情

お買い物途中『トイレ~💧もれる~❗️』なんてことは、日常茶飯事ですね

ショッピングモールやスーパーなどで、皆さんはどうされていますか?

小さいうちは、女性用の個室に一緒に入っても不自然ではありません
小さな男の子用トイレが備え付けられているところもありますものね

でも、男の子の場合、女性用トイレにいること自体不自然な年令や身長(体格)になってくると、もう一緒にというわけにはいかず…

我が家の長男も、年少さんの頃には男性用トイレデビューしました

時々、大型店舗や公衆トイレで怖い事件が起きているのは、昔も今も変わらず…
私にとってはピリッとする時間でした

我が家は長男・長女それぞれが小学校3~4年生になる頃まで、とても注意を払っていました
(過保護・気にし過ぎと言われるかもしれませんが)

『ここで待ってるね❗️』と声をかけ、長男がトイレから出てくるのを、必ず出入口で待っていました
私が入るわけにはいかないですし…

長女へは『ここで待ち合わせね❗️』とトイレ内での待ち合わせを約束しました

もちろん『変な人がいるかもしれないから、気をつけてよ』なんて子ども達の不安をあおることのないよう、あくまでフツウを装って

数年前、危機管理・防災を専門にしている方とお話しする機会がありました
その方は女性で、自身も男女二人のお子さんを持つ身

会話の中で、たまたまトイレのことが話題になり、『過去に私がやっていたことが間違いではなかった』と教えていただいたのです

『何か』があってからでは後の祭り

だそうですよ❗️

過敏になり過ぎることはありませんが、気にしすぎるぐらいで丁度いいのだそうです

何才になったらとは言いきれず、個人差はありますけどね
買い物や外食をしている最中に、目の届かない場所にあるトイレへ1人で行かせるのは、ある程度の年令になってからが良いようですね

専門家の方によると、出てくるのが遅いな?と感じた時には、他人の目は気にせず、トイレの中の我が子に大きな声をかけるべし❗️
とのことでした
勇気のいることかもしれませんが、我が子を守る為だそうです

ご参考までに

いいかもしれないな❤️
また次回