いいかもしれないな

0才~20才までの子育て中にありがちな『日常あるある』を様々な目線でお話しします。ちょっとしたヒントになればいいかもしれないな❤️

チビちゃんのお手伝いって?

小学校入学前のチビちゃん達

自分がやる~っ❗️と積極的
声をかけて何とな~くやる
やだ~と一言 こちらを見ることもなく拒否

タイプはそれぞれですね

毎日とはいかないかもしれませんし、係の仕事のようにする必要もないと思います
パパ&ママ的には、いや~今はやめておくれ💧って時だってありますからね…実際

でもでも、そんな忙しい一日の中で、ホントに小さなことだっていいのです

例えば、買い物した荷物を玄関からキッチンまで運ぶ(引きずる?)とか🛍️
プチトマトのへたを取って洗うとか🍅
タオルや自分の服をたたむとか👕

手伝ってよ💢ではなく、うまく誘導するんです✨
それも、『とっさに』頼むのではなく『あらかじめ』です

私がよくやっていたのは、自宅と園の道のりでの会話

今日の夕飯、カニ玉にしよっかなぁ🎵
幼稚園行ってる間に、卵買っとくね❗️
一緒に作る❓️ → ボクが卵割って混ぜ混ぜする~❗️

約束を取りつけるのです

そして、本番
例え失敗しても出来が悪くても、ありがとうと共にハグから~のチュー❤️
言葉とスキンシップ、これ大事です❗️

年令・月令に応じて、2才頃からできることを促してみてはいかがでしょう?

時間はかかりますが、やってあげようかな?手伝ってあげたら相手が喜ぶだろうな 助かるだろうな
なんて、思いやる気持ちがお子さんの中にちょっとずつ定着していきます

もちろん、達成感を味わったり生活の中で必要な経験の積み重ねにもなります

お手伝いは仕事ではありません
チビちゃんに『お風呂を洗ったら100円💰️』と、突然お金をちらつかせても、相手の立場になって考える気持ちや積極性は身につきませんよね
ゆくゆくぶつかるお金(おこづかい)の問題にも絡んできます

長~い目で見て、この時期は心を育ててあげませんか?

いいかもしれないな❤️

次回は、お教室に通われている方からの相談についてです